Excel クイック印刷設定

 

Excelでよく印刷するので、ショートカットキーがあるか調べてきた。

Excelのあの「ファイル」→「印刷」→「印刷」の動作はどうかならんのか。
よく使うから、少し面倒じゃ。

 

このような疑問にお答えします。

 

この記事で得られるもの

断言します。

どんな方法よりもExcelでは、一番速く印刷することが可能となります。

 

ワンクリックで印刷する方法があった(Excelのクイック印刷)

私は、私の日常で知った便利な方法を紹介するために、インターネットで「Excel 印刷 ショートカット」というキーワードで調べてみたところ、インターネットで上位表示されているのは、ほとんど「Ctrl+P」というショートカットについてのご紹介ばかりでした。

 

そこで思ったこと。

 

僕の方法のほうが、速くね?

 

と・・・。

 

実はExcelにはワンクリックで印刷できるように設定機能があるのです。

 

それではご紹介していきましょう♪

 

具体的な設定方法

僕の家計簿のシートをサンプルで使用しているのは無視でお願いします。

まずはExcelを立ち上げ、下記の領域で右クリックを押します。

 

次にクイックアクセスツールバーを左クリック

 

クイック印刷をダブルクリック→OKをクリック

 

クイック印刷のアイコンが出てきたら完了♪

 

試しに印刷してみよう

クイック印刷のアイコンをクリックすることで即座に印刷が始まります。

 

注意点があります。

デバイスの設定に注意

ただし、注意していただきたいのは、印刷するデバイスは「直前で使用していたデバイス」になります。

ですので、まずは普通の「ファイル」→「印刷」→「印刷」の手順で使用したいデバイスを選択しておきましょう。

 

現在、設定対象のデバイスを知るには?

今対象となっているデバイスが、どのデバイスかを簡単に知りたいなら、「クイック印刷」にマウスカーソルを当てるだけで表示されます。(クリックは不要

 

 

 

あとがき

日常のよく使う動作を、こんな風に短縮化・効率化を実践することで、お金には代えられない時間を節約することができます。

この記事の内容だけでは足りませんが、たくさんの効率化を図ることで、大きな時間を節約することが可能になるのでは?

この記事を是非、知っている方、同僚や上司などにシェアしていただければ幸いです。
(役に立っていればですが・・・。)

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

カテゴリー: ExcelPC操作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です